安仁屋君変化!

おや、なんてことだ。あんな見晴らしがあっていいのだろうか。僕は只今、居間で安仁屋君という美女に、作戦コキされている。しかもグレン○ガンのヨー○の変装をもらいつつ。
「えー、私の描いたドスケベマンガでちん○ん勃ったんじゃないの?」
「あ、は、ええ。その通りです……」
「ほらぁ、本当にモニタ見て。私のエロいの見なさい」
そ、そんな事言ったって。安仁屋君が僕にきちんとひっつき、胸を押し付け、手で僕の勃起チン○取り回していらっしゃる状況でドスケベマンガなんて見渡せる筈が……てか、
「安仁屋君、よ、酔ってますよね?」
「よ、酔ってないよぉ。あ、先端カウパー君出てきた。ぬるぬるぅー」
強制酔ってる……。
――安仁屋君。彼は常々、バリバリのキャリアウーマンのような妻です。紺色のスーツに豆スカが決まっていて、眼鏡をかけているから知的な直感もする……僕とは対照的なクライアント。
あんな彼は僕の隣家なんだけど、きちんと交際はなかった。ひとりでに近頃までは。
しかし彼がヲタクであり、コススポーツマンで、しかもドスケベマンガ建物君な事を分かり、意気投合してからはあんなつながりに……僕、どうなるの!?
マガジン作品は男性限定品物。只今、非常に売れてる、勢いや勢いのある品物だ!
マガジン作品のキャラクターは単独。安仁屋君だ。普段の彼は萌え~な感じの美少女ではなく、キャリアウーマンやOLといった言い方が似合うクール眼鏡妻。
でも実は彼はヲタク嗜好を持つ奥手な少女。そんな距離に主役は惹かれ、そして同感し、両者は変装Hをするように!?
という品物だ。DMMでは終日、週で1近くを数字。既に7000マガジン以外販売している超勢い表題ですね。
本当に眼鏡っ子にここまで需要があるとは……と言うより、変装Hという店が高いのかもしれません。マガジン作品の魅力は安仁屋君というメガネ美女が、色んな性格に変装し、主役とエッチ始めるんですが、コス始める性格は誰もが知っているような勢い品物のキャラクターばかり。
しかもそのキャラクターの洋服を着ているけど、眼鏡+でかぱい、淫乱というマキシマムバージョン。今までありそうでなかった品物なんですよ。だらか眼鏡博士、変装好きには必見と言えます。勢い過ぎて?二作品目も出てる近くですから。
善悪一度、試用を読んでみてください!後悔しない出来だ!
青森県の不倫調査